ふくろうスタッフ紹介

キン

フクロウの種類 コキンメフクロウ
学名 Athene noctua
英名 Little Owl、Carine noctua
サイズ 小型
誕生月 2014年生
ブリード EU

フクロウの種類の説明

・ユーラシア大陸の西はヨーロッパから東は中国までの広い範囲とアフリカ大陸の北部に分布し、木々の疎らな林や木の散開する草地、農耕地や公園などに生息する。
・コキンメフクロウは名前の通り、フクロウとしては体が小さくて目が金色のような美しい黄色をした猛禽類で、体長は小さいのですが体はがっしりとしており、胴体に対して頭部が大きいという特徴がある。
・体の羽毛全体に褐色の縞模様を持ち、足の部分にも羽毛が生えています。また、フクロウの特徴のひとつである目の周りの顔盤は小さく、それに伴って額の位置も低い。
・同じコキンメフクロウでも砂漠に住む種は全体的に色が薄く、逆に色が濃くなっている暗色型の個体なども存在する。